赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしに適した家賃目安は?新社会人の生活費の内訳についても紹介

一人暮らしに適した家賃目安は?新社会人の生活費の内訳についても紹介

カテゴリ:賃貸

一人暮らしに適した家賃目安は?新社会人の生活費の内訳についても紹介

社会人になるのに伴って1人で生活し始めようと検討している場合、いくらぐらいの賃料の部屋を借りるべきか迷っている方もいるでしょう。
実際に部屋探しを始める前に、1人で生活するのにかかる費用について理解しておくと安心です。
ここでは新社会人の一人暮らしに適した家賃目安とあわせて、生活費の内訳や賃料を抑えるための部屋の探し方についてもご紹介します。

一人暮らしの新社会人に適した家賃目安についてご紹介

新社会人が一人暮らしをする場合、生活を圧迫せずにある程度余裕を持って暮らせる家賃の目安は、給与の3分の1が適当だと言えます。
この場合の給与とは税金などを差し引いた手取り額を指しており、たとえば手取り20万円の場合は1か月あたり7万円弱です。
ただし、趣味や交際費など他にお金をかけたい場合や貯金をしたい場合は、手取り額の4分の1ほどに抑えておく必要があります。
立地や間取りなど条件をすべて満たそうとすると賃料がどんどん上がってしまうので、条件に優先順位を決めておき、諦める部分は諦めましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の防音対策はどうする?自分でもできる方法をご紹介

新社会人の一人暮らしの一般的な生活費内訳

新社会人が一人暮らしする際にかかる生活費の内訳を知っておくのは、部屋探しで家賃を考慮する際に役立ちます。
具体的な生活費内訳は、家賃5万円、水道光熱費1万円、通信費1万5千円、食費4万円、交際費2万円、日用品費2万円、被服費1万円です。
さらに、予備・貯金1万円も考慮すると合計17万5千円です。
ここでは家賃を手取り額の4分の1として紹介していますが、外食の頻度や交際費などによって1か月分の額を変えなければならない可能性もあります。
1か月分の賃料を節約すれば、その分多く貯金に充てられることも覚えておきたいポイントです。

▼この記事も読まれています
快適な生活は窓の工夫から!賃貸物件の窓で発生する問題と対策について解説

新社会人が一人暮らしの家賃を抑えるための部屋の探し方

一人暮らしを始める新社会人が家賃を抑えるためには、引っ越しシーズンとなる1~3月を避けて部屋探しをするのが一つ目の方法です。
とくに4~6月や10~12月の閑散期は空室が多い傾向にあるため、価格交渉が成功しやすいでしょう。
二つ目の方法は、駅までの距離が遠いエリアで物件を借りることです。
駅や利便性の高いエリアから離れるほど家賃が下がります。
三つ目の方法は築年数が古い部屋を選ぶことで、新しい部屋と比べると同じエリアや間取りでも安く借りられる物件が多くあります。

▼この記事も読まれています
風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!

まとめ

新社会人が一人暮らしするのに適した家賃の目安は手取り額の3分の1ですが、貯金を増やしたり生活にゆとりを持たせたりしたい場合は4分の1が理想です。
一般的な生活費の内訳を参考にして予算を立てると部屋探しに役立てられます。
引っ越しシーズンを避けて部屋を探す、駅まで遠いエリアや築年数の古い物件を選ぶなど、賃料を抑える部屋の探し方も押さえておきましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|土地の売却相場の調べ方は?調べる際の注意点を解説   記事一覧   お風呂を自分好みにリフォーム!おしゃれな空間にする方法を解説|次へ ≫

トップへ戻る