赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸住宅で同居はばれるのか?ばれた際はどうなるのかもご紹介

賃貸住宅で同居はばれるのか?ばれた際はどうなるのかもご紹介

カテゴリ:賃貸

賃貸住宅で同居はばれるのか?ばれた際はどうなるのかもご紹介

一人暮らしの賃貸物件で同居を始めるとどうなるでしょうか。
友人や恋人との同棲は魅力的ですが、同居がばれてしまうと思わぬ事態に発展する可能性があります。
そこで今回は、同居を考えている方に向けて、同居がばれた場合のペナルティや同居が認められる方法を解説します。

賃貸物件でなぜ無断同居がダメなのか

たまたま遊びに来ていただけで同居ではない、と言い張れば同居がばれないと考えている方もいるでしょう。
しかし、ある程度時間が経過すると、賃貸物件での同居は多くの確率でばれています。
その理由が会話や足音などの生活音です。
友人が遊びに来ているのであれば一時的に生活音も騒がしくなりますが、毎日のように生活音が騒がしいと誰か同居しているのではないかと疑われます。
同じ物件に大家さんが住んでいる場合はなお更です。
単身用のマンションなどに入居している場合は、隣人からも騒音によって同居がばれてしまうことが多いです。
こっそり同居をしていても、周りは案外早いうちから気づいているため注意しましょう。

▼この記事も読まれています
自主管理の大家さん必見!賃貸借契約書は自分で作れるの?

同居がばれるとどうなる?

本来一人暮らしの契約で住んでいる物件に同居人がいたことがばれると、規約や契約に違反したとみなされて違約金の支払いや退去勧告をされるケースがあります。
最初は警告のみで猶予を与えてくれる大家さんや管理会社もいますが、それでも無視した場合は厳しく対処されることがあります。
状況にもよりますが、罰金として家賃数か月分を徴収されることもあるため、同居人を住まわせていたことがばれると大きな痛手となってしまいます。
金銭的なペナルティだけではなく今後の信頼関係にも関わってくるため、同居人を無断で住まわせることは止めておきましょう。

▼この記事も読まれています
快適な生活は窓の工夫から!賃貸物件の窓で発生する問題と対策について解説

同居人が増える場合は新たに契約を交わす

同居人が増える場合には同居人の情報や必要書類を揃えて、契約内容変更届を出す必要があります。
これによって許可が降りれば同居は認められますが、単身用のマンションなど入居人数に制限が設けられている場合は同居が認められません。
また入居人数に応じて敷金礼金を追加で払う必要もあるため手間や出費がかかります。

▼この記事も読まれています
風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!

まとめ

賃貸物件での同居はばれないと思っていても生活音などですぐにばれてしまう可能性が高いです。
違約金支払いや退去勧告を受けないよう、同居をする場合は事前に大家さんや管理会社に許可を得なければなりません。
物件のルールによっては人数制限を設けているところもあるため、認められない場合は素直に引っ越しするのが無難です。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|後悔しない中古住宅の探し方とは?注意点もご紹介   記事一覧   不動産売却で健康保険料はいくら上がる?抑える方法を解説!|次へ ≫

トップへ戻る