赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の解約予告期間はどのくらい?予告期間を守るために必要なこと

賃貸物件の解約予告期間はどのくらい?予告期間を守るために必要なこと

カテゴリ:賃貸

賃貸物件の解約予告期間はどのくら?予告期間を守るために必要なこと

住んでいる部屋から引っ越したいと思ったとき、契約期間満了からどのくらい前に大家さんへ連絡すべきか迷う方は多いでしょう。
この記事では解約予告期間とは何か、どのくらいの長さか、また守るために必要なことを解説しています。
引っ越しを検討している方はぜひ参考にしてください。

解約予告期間とは

解約予告とは、賃貸物件借契約において借主もしくは貸主が中途解約をする前に、相手へ解約の意思を伝えることを言います。
必要な理由は、不動産経営における空室リスクを軽減するためです。
借主が予告なく退去した場合、貸主は空室を抱え、家賃収入が減ってしまいます。
貸主都合の仕組みにも見えますが、期間が定められているため、借主はスムーズに引っ越しを準備できるでしょう。
いつまでに伝える必要があるかは、賃貸物件借契約書に解約予告期間として定められています。
2か月とされている場合、契約期間満了の2か月前までに意思を伝えなければなりません。

▼この記事も読まれています
自主管理の大家さん必見!賃貸借契約書は自分で作れるの?

解約予告期間はどのくらいの長さ?

解約予告期間は住居用の賃貸物件だけでなく、賃貸事務所にも定められています。
期間は一般的に住居用の場合1か月〜3か月前で、事務所用は3~6ヶ月前で設定されています。
期間が異なるのは、事務所用に比べて住居用のほうが次の入居者が見つかりやすく、大がかりな原状回復が必要ないからです。
住居用の賃貸物件では、期間が短い分退去の準備期間が少なく、早めに準備を進める必要があります。
タイミングは、定められた期間よりも前であればいつでも問題ありません。
引っ越しが決まった時点で早めに管理会社や大家さんへ連絡しましょう。

▼この記事も読まれています
快適な生活は窓の工夫から!賃貸物件の窓で発生する問題と対策について解説

解約予告期間を守るために必要なこと

守るために必要なことは、賃貸物件借契約書の確認です。
期間は賃貸物件によって異なります。
退去を検討している場合は、賃貸物件借契約書の記載を確認しましょう。
賃貸物件借契約書には、期間だけでなく方法や連絡先、契約の終了月の賃料が月割りか日割かなども記載されています。
連絡は、管理会社や大家さんへの電話連絡で済む場合もありますが、退去届の提出が求められる場合もあります。
退去届が管理会社や大家さんに届いた日を、予告日と判断される場合もあるため、期間を過ぎる前に届くよう早めに準備しましょう。

▼この記事も読まれています
風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!

まとめ

解約予告期間とは、借主が契約満了前に退去する場合、事前に貸主へ意思を伝えなければならない期間です。
住居用の賃貸物件では、一般的に1か月〜3か月と定められていて、1か月〜3か月前に貸主へ電話連絡や退去届の提出が必要です。
賃貸物件によって期間は異なるため、賃貸借契約書を確認しましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|建売住宅の維持費の種類とは?平均金額や安く抑える方法を解説   記事一覧   自分でできる範囲でエアコン掃除!プロに依頼する場合もあわせて解説|次へ ≫

トップへ戻る