赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸管理には入居者管理アプリが便利!押さえたい基本やメリットなどを解説

賃貸管理には入居者管理アプリが便利!押さえたい基本やメリットなどを解説

カテゴリ:賃貸管理

賃貸管理には入居者管理アプリが便利!押さえたい基本やメリットなどを解説

不動産の運用を始めるにあたり、賃貸管理の方法をお探しの方もいるのではないでしょうか。
賃貸管理は特別なツールや方法を用いなくともおこなえますが、近年では入居者管理アプリが便利でおすすめです。
そこで今回は、入居者管理アプリとは何か、使用時のメリット、今後の課題を解説します。

賃貸管理に便利な入居者管理アプリとは

入居者管理アプリは、賃貸物件を運用する上でのさまざまな問題をアプリ上で解決するツールです。
たとえば、建物に必要な点検の通知をアプリ上でおこなうことができるため、個別にお知らせを作成して配布したり、入居者にメールしたりする手間が省けます。
また、入居者との情報交換機能も備わっており、設備の不具合やトラブルの連絡がアプリ上で受け付けられます。
修繕の手配に関する連絡もチャットでおこなえるため、日程調整などで入居者に電話する必要がありません。
入居者管理アプリは登場して間もないですが、入居者や大家さんにとって便利な機能が多く、近年注目を集めています。

▼この記事も読まれています
賃貸経営の入居審査の重要性とは?審査のポイントや必要書類もご紹介

賃貸管理に入居者管理アプリを用いるメリット

入居者管理アプリを使用すると、賃貸管理における電話連絡の手間が省けます。
電話では入居者にうまく繋がらない場合が多く、何度も連絡を取る手間がかかりますが、チャットなどで要件を伝えることができるメリットは小さくありません。
また、アプリを介して入居者からの連絡があった場合、管理者側に通知が残ります。
別の作業で手が離せない場合でも、あとで通知を確認することで各連絡を見逃すことなく対応でき、対応漏れを防ぐことができます。
さらに、ゴミの収集カレンダーなどもアプリ上で表示でき、ルールに従ったゴミ出しを簡単に促すことができるのも、便利なポイントです。

▼この記事も読まれています
賃貸経営をする際に資産管理法人を設立するメリットやデメリットとは?

賃貸管理に入居者管理アプリを用いるときの課題

入居者管理アプリは便利ですが、高齢者などのITに不慣れな人たちからは敬遠される可能性があります。
アプリを積極的に使用してもらいたい場合は、ツールの使い方やメリットなどを丁寧に説明することが重要です。
また、アプリには導入や使用に費用がかかる場合がありますので、価格面の問題も考慮する必要があります。
オーナーが負担するか、入居者に支払いを求めるかなど、対応策はさまざまですが、明確な正解はありません。
賃貸管理の状況や将来の方針に応じて、適切な対応を検討することが重要です。

▼この記事も読まれています
賃貸経営で空室対策をする方法についてご紹介

まとめ

入居者管理アプリとは、賃貸管理に求められるさまざまな対応や手続きをオンラインでおこなえるツールです。
導入すると、賃貸管理の主な手間である電話連絡が省けるうえ、通知機能のおかげで入居者からの連絡も見落としにくくなります。
活用に向けての課題は、ITをうまく扱えない方からは敬遠される可能性があることなどです。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|建売住宅の間取りで確認したいポイントは?配置の変更についても解説   記事一覧   囲繞地を売却するポイントとは?売却しにくいと言われる理由も解説|次へ ≫

トップへ戻る