赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸管理で押さえておきたい!網戸の交換費の負担者や費用を解説!

賃貸管理で押さえておきたい!網戸の交換費の負担者や費用を解説!

カテゴリ:賃貸管理

賃貸管理で押さえておきたい!網戸の交換費の負担者や費用を解説!

賃貸管理をおこなううえで、賃貸物件の維持管理や修繕は必要不可欠な行為です。
しかし入居者に貸している部屋の網戸が壊れてしまったときでも、賃貸管理者(オーナー・大家)負担で修繕をしなければならないのか疑問に感じている方もいるでしょう。
そこで今回は、賃貸管理をしている物件の網戸の交換は誰がおこなうべきなのか、網戸の交換費用はどのくらいかかるのかについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の網戸交換の負担者は賃貸管理者?入居者?

基本的に賃貸物件に付属している網戸は、電球と同じく消耗品として扱われます。
つまり入居者が故意に壊したケースにくわえ、自然損耗や経年劣化による破損の場合も入居者が交換費用を負担しなければなりません。
一方、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、入居者の入れ替わりに伴って網戸の交換が必要なケースでは、賃貸管理者が費用を負担する必要があります。
のちのトラブルを防ぐためにも、あらかじめ賃貸借契約書に網戸の交換に関する取り決めや費用について記載しておくと安心です。

賃貸管理者が網戸の修繕を業者に依頼するときの費用相場

賃貸管理者が網戸の張り替えを業者に依頼する際にかかる費用相場は、1枚3,000~5,000円です。
入居者の退去時に敷金から網戸の交換費用を差し引いて精算します。
ただし一口に網戸といっても種類や素材はさまざまであり、張り替える網戸の大きさによっても費用が異なります。
網戸の張り替えが必要となった場合は、料金の見積もりをおこなったうえで業者に依頼するようにしましょう。

賃貸物件の網戸を賃貸管理者自身で張り替える方法

賃貸物件の網戸を業者ではなく賃貸管理者自身が張り替えるには、まず網戸シートや網戸ローラー、網戸固定用のゴム、カッターなどの道具を準備する必要があります。
その後、網戸の枠から古いシートを外して枠の掃除をおこない、新しいシートを張り替えていきます。
網戸シートがたるまないように枠の溝にゴムを埋め込んで固定し、最後に枠からはみ出たシートをカットすれば完成です。
賃貸管理者自身で網戸を張り替える方法では、道具の購入費として1,000~3,000円ほどの費用が発生します。
しかし網戸をたるまないように張るのは意外と難しく、手間や時間もかかるので、あまり慣れていないのであれば業者に依頼したほうが良いでしょう。

まとめ

賃貸物件の網戸は消耗品扱いされるので入居者が張り替え費用を負担する形が一般的ですが、入居者の入れ替わりに伴う網戸交換費は賃貸管理者が負担する必要があります。
網戸を自身の手で交換すれば費用は抑えられますが、素人がおこなうとゆがんだりたるんだりする恐れがあるので、最初からプロの業者に依頼すると安心です。
私たち(株)相栄商事は、赤羽エリアの不動産のお困りごとの解決をサポートしています。
お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地活用には保育園の経営がおすすめ!保育園の運営方法も解説!   記事一覧   風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る