赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸管理において断水が発生!原因や補償請求の対応などポイントを解説

賃貸管理において断水が発生!原因や補償請求の対応などポイントを解説

カテゴリ:賃貸経営

賃貸管理において断水が発生!原因や補償請求の対応などポイントを解説

アパート管理や経営をしていると思わぬトラブルが発生するため、その際の対応や金銭面のリスクを不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。
トラブルが発生したときに慌てないよう、前もって事案ごとの対応について把握しておくと安心です。
今回の記事では賃貸管理している物件で断水が起きた場合について、原因や補償請求された際の対応、さらにあらかじめ防ぐ方法について解説します。

賃貸管理している物件で断水が起きる原因について

管理している賃貸物件で断水が発生する原因にはいくつかありますが、そのひとつが給水ポンプの劣化によるものです。
給水ポンプは10~15年前後が一般的な寿命ですが、ゴムパッキンなど使用されている部品の劣化がもとで水が出なくなる可能性があります。
また、地震などの災害によって地中の水道管が破損したり停電で水をくみ上げたりできなくなるのも原因のひとつです。
もうひとつの原因が凍結で、気温が低い真冬に水道管が凍って水が出なくなるケースがあり、最悪の場合水道管の破裂も招くため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸経営の入居審査の重要性とは?審査のポイントや必要書類もご紹介

賃貸管理物件で断水し入居者から補償請求されたら?

賃貸管理している物件で断水した際に入居者から補償を請求されるケースもあります。
水道の不具合によって入居者が水を使えない場合、オーナーの責任において賃料減額や飲料水の購入費、銭湯利用料などの負担をするのが一般的です。
賃料減額は水道を使えず収益できなかった分の割合に応じて算出する旨、民法第611条に記されています。
ただし明確な基準はなく、入居者から補償を請求された際に必ず補償しなければならないルールはありません。
入居者の気持ちを少しでも害さないよう、断水が発生したときには素早く対処し誠意を表すのが大切です。

▼この記事も読まれています
賃貸経営をする際に資産管理法人を設立するメリットやデメリットとは?

賃貸管理物件で断水を防ぐ方法

管理している賃貸物件で断水しないようあらかじめ防ぐ方法の1つ目は定期的な点検で、機器の劣化や不具合を早期発見できるよう心がけましょう。
また、点検とあわせて水道設備周辺の清掃をおこなうのが2つ目の方法で、どちらも専門的な技術なしでは難しいでしょう。
そのため点検や掃除などの一連の作業を業者や管理会社に依頼するのもひとつの方法です。
点検によって劣化部分や不具合箇所が発見された場合、速やかに部品交換や修理を依頼するのが3つ目の方法で、これらのメンテナンスはオーナーとして欠かせません。

▼この記事も読まれています
賃貸経営で空室対策をする方法についてご紹介

まとめ

賃貸管理物件で断水が発生する原因は、給水ポンプの劣化や災害による水道管の破損、停電、外気の低さからの凍結が考えられます。
入居者から補償請求されるケースもあり、素早い対処と誠意ある態度が大切です。
未然に防ぐため、点検や清掃などのメンテナンスを定期的におこない、問題がある箇所は速やかに修理しましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|ペット可の賃貸物件で起こりやすいトラブルとは?対策についてもご紹介!   記事一覧   借地権付き建物は相続できる?注意点と売却方法について|次へ ≫

トップへ戻る