赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の入居者の認知症トラブルとは?トラブルを防ぐ対応をご紹介

賃貸物件の入居者の認知症トラブルとは?トラブルを防ぐ対応をご紹介

カテゴリ:トラブル防止

賃貸物件の入居者の認知症トラブルとは?トラブルを防ぐ対応をご紹介

マンションなどの賃貸物件を経営している方で、入居している方の認知症トラブルを経験した方もなかにはいらっしゃるでしょう。
高齢化社会となった現代では、高齢者の認知症により賃貸物件のトラブルが起きています。
今回は、賃貸物件の入居者の認知症トラブルとは何か、トラブルを防ぐ対応や契約についてご紹介していきます。

入居者が認知症になったときに引き起こす可能性があるトラブル

トラブルとしてまず、家賃滞納です。
認知症になればお金の出し入れなど金銭面の管理に問題が出てきて、本人は悪意がなくても家賃を滞納してしまう場合もあります。
1回滞納してもすぐには退去させられず、滞納が続いた場合、退去まで半年以上かかる場合もあります。
次に、ゴミです。
認知症の進行とともに身の回りでおこなうものができなくなります。
同じものを何回も買ったり掃除ができなかったりすれば、ゴミ屋敷となり他の入居者からクレームが出ます。
最後に、火災です。
ガスコンロをつけっぱなしにしてしまったり、コンセントのほこりで火がついたりして、火事になる場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸経営の入居審査の重要性とは?審査のポイントや必要書類もご紹介

認知症の入居者との賃貸借契約

認知症が理由で契約解除や退去などをしてもらうのは難しいです。
認知症の初期の段階では生活に支障はほとんど出ないため、その段階で契約解除などを入居者に伝えるのは不可能です。
ただ認知症が進んでしまい判断能力がなくなってしまえば、本人と話ができないため、初期の段階や親族と一緒に賃貸借契約の見直しなどをしましょう。
認知症が進めば先ほど記載したとおり、家賃滞納やゴミ問題にもつながるため、トラブル防止で家賃の値上げや定期借家契約などの切り替えを話し合っておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸経営をする際に資産管理法人を設立するメリットやデメリットとは?

認知症によるトラブルを未然に防ぐための対応

トラブル防止としてまず、連帯保証人の協力です。
入居者の連帯保証人と連絡を取るようにして、突然認知症によるトラブルが発生しても連帯保証人が対応に困らないように、日ごろから連絡を取り合いましょう。
次に、法定後見人の申し立てです。
法定後見制度は、認知症などで自分では正しい判断ができなくなったときに法的に守るもので、トラブルが起きた場合は法定後見人に相談できます。
最後に、見守りサービスです。
見守りサービスを導入すれば、何かあってもサービスの方が対応してもらえ、大家さんの心身の負担も減ります。

▼この記事も読まれています
賃貸経営で空室対策をする方法についてご紹介

まとめ

今回は、賃貸物件の入居者の認知症トラブルとは何か、トラブルを防ぐ対応や契約についてご紹介してきました。
トラブルには家賃滞納やゴミ問題がありますが、認知症の初期の段階では契約解除などはできません。
トラブル防止のため連帯保証人との日ごろの連絡や見守りサービスを利用しましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|根抵当権の付いた不動産の売却の流れとは?注意点もご紹介!   記事一覧   土地活用の駐車場経営の仕組みとは?メリットなどをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る