赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 貸事務所に使えるタイルカーペットとは?おすすめの理由や掃除方法も解説!

貸事務所に使えるタイルカーペットとは?おすすめの理由や掃除方法も解説!

カテゴリ:店舗・事務所を借りる

貸事務所に使えるタイルカーペットとは?おすすめの理由や掃除方法も解説!

職場の環境は業務効率や離職率などにも影響しうるため、近年では貸事務所においても設備面に力を入れるケースが珍しくありません。
メリットの多さからぜひ導入したい設備には、たとえばタイルカーペットが挙げられます。
今回は、タイルカーペットの概要やおすすめの理由にくわえ、設置後の掃除方法も解説します。

貸事務所に使えるタイルカーペットとは?

タイルカーペットとは、1枚あたりのサイズが40~50cmとなっている小さなカーペットです。
1枚ずつ並べる形で敷き詰めていくため、正方形タイプが一般的ですが、長方形や六角形などのタイプもあります。
設置は個人でも可能であり、色違いのタイルカーペットを交互に並べればチェック柄が作れるなど、デザインにもこだわれます。
取り外しも簡単なため、事務所に欠かせない配線工事にも対応しやすいなど、メリットが多いです。

▼この記事も読まれています
自主管理の大家さん必見!賃貸借契約書は自分で作れるの?

貸事務所にタイルカーペットがおすすめの理由

貸事務所にタイルカーペットがおすすめなのは、まず足音や椅子をひく音などが吸収され、フロア内の騒音が減るからです。
騒音が減ると集中力が高まるうえ、電話が聞き取りやすくなるなど、業務効率の改善が期待できます。
また、タイルカーペットは繊維がホコリを絡めとるため、誰かが部屋を歩いた程度ではホコリが飛び散りません。
わずかなきっかけでホコリが飛び散りやすいフローリングやタイル張りの床に比べ、衛生環境も向上します。
さらに、タイルカーペットもカーペットの一種であり、一定の保温効果があります。
冬場に室内で冷えを感じにくくなる点も、タイルカーペットがおすすめの理由です。

▼この記事も読まれています
快適な生活は窓の工夫から!賃貸物件の窓で発生する問題と対策について解説

貸事務所にタイルカーペットを設置した際の掃除方法

タイルカーペットを敷いた際の掃除方法には、まず掃除機がけが挙げられます。
繊維が絡めとっているホコリやゴミなどをしっかり除去できるよう、1か所あたりに最低でも2往復分は掃除機がけをしたいところです。
また、掃除機がけのみでは除去できない汚れもあるため、月に1回程度は水拭きするのがおすすめです。
このときに中性洗剤を使うとより効果的ですが、洗剤の量が多すぎるとシミになるおそれがあるためご注意ください。
タイルカーペットにコーヒーをこぼした際には、まずティッシュペーパーなどを使い、できるだけ汚れを吸い取ります。
そのあと、汚れの外側から中心に向けて拭き取るイメージで水拭きすると、コーヒーのシミをうまく取り除けます。

▼この記事も読まれています
風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!

まとめ

タイルカーペットとは、1枚あたりのサイズが40~50cmの小さなカーペットであり、1枚ずつ並べる形で設置します。
貸事務所におすすめなのは、騒音が減ったり、ホコリが飛び散りにくくなったりするからです。
設置後の掃除方法には、掃除機がけや月に1回程度の水拭きなどがあります。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事お任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|ビルイン店舗とは?出店するメリットやデメリット・入居の注意点を解説!   記事一覧   事業用物件の造作買取請求権とは?請求権を行使できないケースなど解説!|次へ ≫

トップへ戻る