赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 事務所開設時に検討すべき点とは?事務所の種類と流れ

事務所開設時に検討すべき点とは?事務所の種類と流れ

カテゴリ:店舗・事務所を借りる

事務所開設時に検討すべき点とは?事務所の種類と流れ

事務所を開設するにあたって、どのように開設すれば良いか、どの形態で事務所を構えるのが良いか検討中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、事務所開設についての検討すべき点を解説しています。
開設に向けての準備と、開設後のより良い事業継続のためにお役立てください。

事務所開設によって得られるメリット

事務所の開設は、最初にまとまった資金が必要となりますが、それ以上に大きなメリットが得られます。
まず第一に考えられるメリットは、仕事とプライベートの切り替えがしやすくなる点です。
仕事のみに専念する場を構えれば、気持ちの切り替えがスムーズになり、仕事の効率が上がります。
さらに、従業員同士が対面でコミュニケーションを取れ、仕事の効率だけでなく仕事自体の質も向上します。
そして事務所を開設する最大のメリットは、事務所が実在するため取引先からの信用度が上がり、金融機関からの融資も受けやすくなる点でしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸オフィスを選択するメリットとは?デメリットや注意点も解説!

開設時に検討する事務所の種類

事務所の種類は、自社所有不動産、賃貸、フレキシブルオフィスと大きく3つの種類に分けられ、事業内容や規模などで最適な形態を検討します。
自社ビルなど、自社で物件を所有して開設する場合、土地の購入費や建築費などの初期費用が必要です。
ですが、所有不動産は事務所自体が自社の資産となり、さらには理想の事務所を自由に設計できるといった利点があります。
賃貸物件の場合、自社ビルを構えるよりも初期費用は抑えられますが、開設後は継続的な賃料の支払いが発生するでしょう。
人員の増減に合わせての移転が容易であったり、建物の管理に手間がかからない点は賃貸物件のメリットといえます。
昨今は、フレキシブルオフィスとよばれる形態にも注目が集まっており、レンタルオフィスやシェアオフィスなど、多種多様な形態での利用が可能です。
フレキシブルオフィスでは、他社と一つの空間を共有するため交流が生まれる場合もありますが、その分セキュリティ対策に万全の注意が必要となります。

▼この記事も読まれています
ビルイン店舗とは?出店するメリットやデメリット・入居の注意点を解説!

事務所開設までの流れ

開設までの流れではまず、事業の目的や特徴、利益を得る方法を明確にする事業計画を策定します。
事業計画は必ずしも提出が必要なわけではありませんが、策定すると事業の指針となり、また金融機関からの融資も受けやすくなるでしょう。
次に、当面の運転資金となる仕入れや事務所の賃料など、3~6か月分ほどの経費を見積もり、資金調達をおこないます。
その後の流れとしては、社名を決定し、事業内容やアクセス面に考慮した事務所物件の検討、事務所の開設手続きとなります。
事務所開設の手続きは、個人事業主と法人とで必要書類や手続きが異なるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
賃貸オフィス探しで注意したい天井高とは?目安や注意点を解説

まとめ

事務所の開設には、さまざまな準備が必要となります。
そのなかでも、事務所をどの形態で構えるかは、その後の事業継続に大きく影響を与えるでしょう。
事業を発展させるための最適な事務所物件のあり方について、ぜひご検討ください。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|定年後に住宅ローンが支払えないとどうなる?その対処法を解説!   記事一覧   ペット可の賃貸物件で起こりやすいトラブルとは?対策についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る