赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > SOHO可能な賃貸と一般オフィスの違いとは?適している業種やメリット

SOHO可能な賃貸と一般オフィスの違いとは?適している業種やメリット

カテゴリ:店舗・事務所を借りる

SOHO可能な賃貸と一般オフィスの違いとは?適している業種やメリット

自宅を事務所兼用として使用する、SOHOと呼ばれる働き方を検討する方もいるでしょう。
事務所兼用として使用できる物件は、一般的なオフィスと明確な違いがあります。
物件探しの際は、その詳細や契約に適した業種を知っておくと安心です。
この記事ではSOHO可能な賃貸物件とはどのような物件か、また適している業種やメリットをご紹介します。

SOHO可能な賃貸物件とは?一般オフィスとの違い

SOHOとは、自宅や小規模なオフィスを利用して仕事をする働き方を指しています。
近年はオフィス用の物件でなくてもインターネット環境を比較的簡単に整えられるため、自宅を事務所兼用として働く方が多くなっています。
一般オフィスとの物件の違いは、契約内容やその他物件の利用に関するルールなどです。
たとえばSOHOの物件は、居住用で表札の掲示は不可、家賃に関する税金は非課税となっています。
一方、一般オフィスは事業用の扱いで表札は掲示可能、家賃に関する税金は課税対象です。
SOHOはあくまでも居住用としての扱いがメインになるので、上記以外にも不特定多数の人の出入りは不可、法人登記ができないなどの特徴があります。

▼この記事も読まれています
賃貸オフィスを選択するメリットとは?デメリットや注意点も解説!

SOHO可能な賃貸物件に適している業種

SOHO物件は、基本的にインターネットとパソコンがあれば作業でき、人の出入りが少ない業種に向いています。
たとえば、エンジニアやライターの他、WEBデザイナー・グラフィックデザイナーが挙げられます。
いずれも、居住用の物件で作業しても騒音につながらない業種です。
業務連絡も電話やメールがあれば問題なく済み、来客も少なく他の入居者とトラブルになる可能性が低くなっています。
反対に飲食店や物販など、人の出入りが頻繁におこなわれる業務形態は営業不可となっているため、注意しましょう。
賃貸借契約前に、ご自身の業務内容や作業環境などを不動産会社に伝えておくと、入居後のトラブルを避けられます。

▼この記事も読まれています
ビルイン店舗とは?出店するメリットやデメリット・入居の注意点を解説!

SOHO可能な賃貸物件を選ぶメリット

メリットとして、契約時の初期費用を抑えられる点が挙げられます。
通常の賃貸物件の契約と同様に非課税な上、敷金・礼金の形で契約可能です。
一方でオフィス物件は、家賃に関する税金が課税対象になる他、家賃の半年〜10か月程度の保証金の用意を求められるので注意してください。
また基本的には居住用と事務所兼用として使用するため、通勤時間が不要になるのもメリットの一つです。
通勤にかかる時間を有効活用でき、通勤ストレスもなく業務ができます。
労働時間も自由に決められ、日々の仕事量もご自身の働き方や都合に合わせて調整しやすいでしょう。
通勤や労働時間に縛られず、自由度が高い働き方が可能です。

▼この記事も読まれています
賃貸オフィス探しで注意したい天井高とは?目安や注意点を解説

まとめ

SOHO可能な賃貸物件は、居住用と事務所兼用として物件を使用できます。
通常の賃貸物件と変わらない契約ができるため、一般的なオフィスに比べ初期費用を抑えるのが可能です。
また通勤不要で自由度が高い労働環境が得られますが、エンジニアやライター、デザイナーなど、契約に適した業種は限られるので注意してください。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事お任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|事業用物件の造作買取請求権とは?請求権を行使できないケースなど解説!   記事一覧   中古マンション売却での内見件数は?少ないときや成約に至らないときの対策|次へ ≫

トップへ戻る