赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 土地活用で人気の「賃貸併用住宅」とは?メリットやデメリットをご紹介!

土地活用で人気の「賃貸併用住宅」とは?メリットやデメリットをご紹介!

カテゴリ:土地活用

土地活用で人気の「賃貸併用住宅」とは?メリットやデメリットをご紹介!

土地活用にはさまざまな方法がありますが、賃貸併用住宅も人気の活用方法です。
しかし、運用していくためには注意点もあるので、事前に把握しておかないと失敗してしまうでしょう。
そこで今回は、賃貸併用住宅とはどのような土地活用か、利用するメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地活用における「賃貸併用住宅」とは何か

賃貸併用住宅とは、1つの建物に住宅と賃貸物件が存在している物件のことです。
1階部分を居住エリア、2階部分を賃貸物件として他人に貸し出すなど、エリアの区分は所有者が自由に設定できます。
このような不動産を所有することで、マイホームに住みながら家賃収入を得ることが可能です。
また、住宅を兼ねていることから、住宅ローンの申し込みができる特徴もあります。
賃貸経営で得た利益は毎月のローン返済に充てられるため、支払い負担も大きく軽減できるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸経営の入居審査の重要性とは?審査のポイントや必要書類もご紹介

賃貸併用住宅を土地活用で利用するメリット

賃貸併用住宅を建てるメリットは、やはり毎月得られる家賃収入で住宅ローンの返済ができるところです。
一般的に賃貸経営をおこなう一戸建ては投資用物件とみなされるため、アパートローンを利用することになるでしょう。
アパートローンは通常の住宅ローンより条件が厳しいほか、金利が高い傾向にあります。
一定の条件を満たせば、住宅ローン控除の適用を受けられるので、節税効果も期待できるはずです。
建物を建築している不動産は更地より固定資産税が安いのもメリットで、税負担を軽くできるでしょう。
また、ライフプランの変更に対応しやすい特徴もあります。
将来的に賃貸部分を子どもの生活スペースとして二世帯住宅に変更することも可能です。
比較的狭い土地でも建築できるため、周辺環境やニーズにあっていれば土地活用としてさまざまな利益を生み出してくれることでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸経営をする際に資産管理法人を設立するメリットやデメリットとは?

賃貸併用住宅を土地活用で利用するデメリット

賃貸併用住宅のデメリットは、入居者とのトラブルに巻き込まれやすいところです。
騒音問題や家賃の滞納などの対処をしなければならないため、ストレスに感じてしまう場合もあるでしょう。
また、空室リスクを負う必要があるのも賃貸併用住宅のデメリットです。
建物を建てた後も室内のクリーニングや共用部のメンテナンスをおこなわなければなりません。
一般的な賃貸物件よりも収益性が少ない場合もあるので、家賃収入を得られても手元に残らない可能性があります。
将来的に売却もしづらいため、土地活用で賃貸併用住宅を建てる際は慎重に決めるようにしましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸経営で空室対策をする方法についてご紹介

まとめ

賃貸併用住宅とは、1つの建物内に住宅と賃貸物件が存在している物件です。
家賃収入を住宅ローンの返済に充てられることが大きなメリットですが、入居者とのトラブル対策や空室リスクについて考えておく必要があります。
上手に活用できれば節税効果も期待できるため、計画は慎重におこないましょう。
私たち(株)相栄商事は、赤羽エリアの不動産のお困りごとの解決をサポートしています。
お気軽にお問合せください。

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家の家財道具を処分する流れとは?費用相場もご紹介   記事一覧   空き家をシェアハウスとして活用するメリットとデメリットとは|次へ ≫

トップへ戻る