赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 囲繞地を売却するポイントとは?売却しにくいと言われる理由も解説

囲繞地を売却するポイントとは?売却しにくいと言われる理由も解説

カテゴリ:売却

囲繞地を売却するポイントとは?売却しにくいと言われる理由も解説

土地のなかには複雑な条件を抱えたものもあり、そのうちのひとつに「囲繞地」や「袋地」があります。
売却を予定している土地が囲繞地であることがわかり、困惑している方も多いかもしれません。
そこで今回は、囲繞地の意味と売れにくいと言われている理由、囲繞地を円滑に売却するポイントについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

囲繞地とは

囲繞地(いにょうち)とは、道路に接していない袋地(無道路地)を囲む土地のことを指します。
袋地に住む人が道路に出るためには、通常は囲繞地を経由する必要があります。
そのため、袋地の所有者には「囲繞地通行権」が与えられています。
これは民法によって保障された正式な権利であり、囲繞地の所有者は、袋地の所有者が囲繞地を通行することを拒否することはできません。
ただし、囲繞地の所有者は、通行する人から「囲繞地通行料」を受け取ることができます。

▼この記事も読まれています
マンション売却で必要な確定申告の流れと譲渡所得税の計算方法を解説

囲繞地が売却しにくいと言われる理由

先述したように、袋地の所有者には囲繞地通行権が与えられているため、勝手に通行されることが囲繞地を売却しにくい主な理由です。
たとえ屋外の通路であっても、私有地を自由に通行されることで防犯面で不安を感じる方が多くいます。
そのため、囲繞地の買主を見つけるのが難しいと言わざるを得ません。
また、袋地の南側などに高い建物が建っている場合は、日当たりが悪くなることもデメリットとして考慮されます。

▼この記事も読まれています
不動産売却における買取保証とは?メリットについてご紹介

囲繞地を円滑に売却するポイント

囲繞地を売却する前に、袋地の所有者と等価交換を検討しましょう。
等価交換とは、お互いの土地の一部を交換する取引であり、道路に面する土地の一部を袋地の所有者に引き渡すことで、囲繞地ではない一般の土地として売却できます。
囲繞地の所有者は「囲繞地通行料」を受け取ることができるため、囲繞地を居住用の土地を探している方ではなく、通行料を受け取りたい方に売却することがポイントです。
また、隣地の所有者に売却する方法も有効です。
袋地の所有者が囲繞地を購入すると、道路に接する土地が手に入り利便性が向上し、資産価値も高まるため、高値での買取に応じてもらえる可能性があります。

▼この記事も読まれています
オーナーチェンジ物件の売却価格の調べ方や売却を成功させる方法を解説!

まとめ

囲繞地とは、道路に接していない「袋地」を取り囲む土地のことです。
囲繞地は袋地の所有者から自由に通行されるため、防犯上の理由などから売却しにくい土地とされています。
売却前に等価交換を申し出たり、隣地の所有者に売却したりといった方法を選ぶことが、囲繞地をスムーズに売却するためのポイントです。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸管理には入居者管理アプリが便利!押さえたい基本やメリットなどを解説   記事一覧   中古マンションで居住中の部屋購入したい!内覧のポイントについて解説|次へ ≫

トップへ戻る