赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に必要な査定書とは?種類や内容の見方について解説

不動産売却時に必要な査定書とは?種類や内容の見方について解説

カテゴリ:売却

不動産売却時に必要な査定書とは?種類や内容の見方について解説

物件の売却を検討する際、物件の査定を受けて、不動産査定書を作成してもらいます。
しかし、存在そのものは知っていても、実際に書かれている項目や内容、査定書の詳細な見方については、良く分からない方も多いのではないでしょうか。
この記事では、書類の意味や種類、項目の見方、そして物件の売却において知っておきたいポイントについて解説していきます。

不動産売却時に必要な査定書とは

査定書とは、物件の査定を受けて算出された価格と、査定価格を算出した理由、根拠が記載されている書類です。
不動産仲介会社による書類と、不動産鑑定事務所が作成した書類の2つの種類があります。
仲介会社が作成した不動産査定書は、無料で作成可能ですが、書類の内容や記載項目には決まりがありません。
会社ごとに記載されている内容や、査定価格に相違があるため、売却の際の比較検討の資料として使用します。
これは、裁判の際に証拠資料として提出することはできません。
不動産鑑定事務所による査定書は、有資格者によって作成される公式な書類です。
国土交通省が決めた鑑定評価基準に基づいた査定をおこなった結果が記載されていて、裁判等で正式な証拠となります。
公的に認められた書類ですので、裁判や交渉、相続時に資料として提出できる他、物件を担保に借り入れをする場合に、物件の担保価値を示す書類としても利用可能です。

▼この記事も読まれています
マンション売却で必要な確定申告の流れと譲渡所得税の計算方法を解説

不動産売却で必要な査定書の見方とポイント

査定書の最初の項目は、査定をした物件の所在地や、築年数や間取り等の概要、基本情報です。
土地の場合は建ぺい率や容積率、集合住宅の場合には、階数や総戸数、物件周辺の交通情報や都市計画情報等の記載項目も記載されています。
別途、査定の計算明細書を添付している会社もあります。
査定価格は、査定をした会社によって根拠やデータが異なるため、一定ではありません。

▼この記事も読まれています
不動産売却における買取保証とは?メリットについてご紹介

不動産査定書で重点的に見るべきポイント

書類の見方は、まず査定価格に至った根拠が詳しく書かれているか確認します。
物件の間取りや地形、交通状況等、査定価格に影響するプラス、マイナス要因等、根拠が明確で分かりやすいかどうかが重要です。
書類の内容以外にも、レイアウトやフォント等、書類そのもののデザインに関する箇所は、売却の際にアピールしてもらえるかをチェックできます。
また、物件の成約までの想定時期の記載があるかどうか、売却までの想定時期は適正かも確認しましょう。

▼この記事も読まれています
オーナーチェンジ物件の売却価格の調べ方や売却を成功させる方法を解説!

まとめ

査定書とは、仲介会社による無料の書類と、鑑定事務所の有資格者による有料の書類があります。
書類の見方は、物件の間取りや地理等の情報や査定価格の根拠、算出方法等が分かりやすく、適正かチェックします。
内容が分かりやすいかどうか、売却想定時期や書類自体のレイアウトも売却にあたり大切なチェックポイントです。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|不動産売却時の購入申込書とは?見方と注意点もご紹介   記事一覧   賃貸物件の「家賃債務保証」とは?メリットやサブリースとの違いを解説|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る