赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 土地を売るタイミングは譲渡所得税の税率が変わるとき?注意点もご紹介

土地を売るタイミングは譲渡所得税の税率が変わるとき?注意点もご紹介

カテゴリ:売却

土地を売るタイミングは譲渡所得税の税率が変わるとき?注意点もご紹介

土地を売るタイミングは、いつがベストでしょうか。
市場の動向や税金の影響など、さまざまな要素が関係しています。
そこで今回は、土地を売るタイミングや土地の名義についてご紹介いたします。

土地を売るタイミング:所有期間

土地を売るタイミングによって譲渡所得税は異なります。
所有期間が5年以下の場合は、「短期譲渡所得」に該当し、譲渡所得税率は30%です。
一方、所有期間が5年超の場合は、「長期譲渡所得」に該当し、譲渡所得税率は15%です。
さらに、10年超の居住用不動産には特例があり、譲渡所得税率は14.21%となり節税に繋がります。
そのため、土地を売る際には所有期間を考慮し、長期所有のほうが有利な税率で売却できることがわかります。

▼この記事も読まれています
マンション売却で必要な確定申告の流れと譲渡所得税の計算方法を解説

土地を売るタイミング:経済指標や地価動向

土地を売るタイミングは、経済指標や地価動向によっても変わります。
経済指標は景気や物価、雇用などを示す数値で、景気が良いときは住宅需要が高まるでしょう。
物価上昇時は不動産への投資が増え、これらが好調なときは不動産価格も上昇傾向にあります。
そして、新型ウイルスの影響で地価動向は下落していましたが、少しづつ上昇傾向にあます。
これらの情報を把握し、自分の不動産や土地の価値を見極めることが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産売却における買取保証とは?メリットについてご紹介

土地の名義が自分になっていないと売却できない?

土地の名義が自分になっていない場合、売却するためには名義変更が必要です。
相続や贈与の場合は登記簿謄本や相続証明書が必要で、登録免許税や司法書士の報酬などの費用がかかります。
名義変更の手続きをおこなう際は、まず必要書類の準備をする必要があります。
たとえば、登記申請書や収入印紙、不動産権利証などが挙げられ、すぐに準備できない場合もあるので早めに準備するのがおすすめです。
次に、書類作成をおこない、申請しましょう。
自分でおこなうこともできますが、司法書士へ依頼するのが一般的です。
司法書士への依頼費用は5万円~10万円程度で、登録免許税もかかるので先に予算を確認しておきましょう。

▼この記事も読まれています
オーナーチェンジ物件の売却価格の調べ方や売却を成功させる方法を解説!

まとめ

土地を売るタイミングによって譲渡所得税は異なり、所有期間が5年以下の場合は「短期譲渡所得」に該当し、譲渡所得税率は30%になります。
さらに、土地を売るタイミングは、経済指標や地価動向によっても変わり、自分の不動産や土地の価値を見極めることが重要です。
そして土地を売却するためには、土地の名義を自分に変更する必要があり、司法書士へ依頼すると費用がかかります。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|長屋式住宅とは?売却しにくい理由や売却方法について   記事一覧   賃貸物件の防音対策はどうする?自分でもできる方法をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る