赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時の購入申込書とは?見方と注意点もご紹介

不動産売却時の購入申込書とは?見方と注意点もご紹介

カテゴリ:売買

不動産売却時の購入申込書とは?見方と注意点もご紹介

不動産の売却を検討している方は、購入申込書という書類について知っておく必要があります。
購入申込書とは、物件の購入を申し込む際に提出する書類で、売買契約の前段階にあたります。
しかし、購入申込書にはどんな項目があるのか、どこに注意すべきなのか、分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、購入申込書の見方や注意点についてご紹介します。

購入申込書とは

不動産売却時に届く購入申込書は、購入希望者が物件の購入意思を表明する書類です。
購入者の氏名や連絡先、物件の住所や価格、購入条件、支払い方法などの購入条件が記載されます。
この書類は売主に対する意思表示であり、法的な拘束力はないため、売買契約が成立するわけではありません。
ですから、購入申し込みを撤回(キャンセル)をすることも可能です。
キャンセルをしても、原則として費用は発生しません。
一般的には、購入申込と同時に、購入申込金を支払います。
キャンセルをした場合は、購入申込金も返金されます。

▼この記事も読まれています
マンション売却で必要な確定申告の流れと譲渡所得税の計算方法を解説

購入申込書の見方

購入申込書には買主から、その不動産を購入する時の希望の条件が記載されています。
まず、購入希望価格が書かれています。
売主の設定した売出価格より低い金額が記載されていることもあり、これは購入希望者が「この価格で買いたい」と、値引きの要求をしてきているということです。
もう少し高い価格で買ってくれるように交渉に臨むこともできますし、あまりに低い価格を指定してくるようであれば、交渉に臨む前に売主から拒否することもできます。
手付金の額にも注意しましょう。
売買契約締結後でも、買主は手付金を放棄することで売買契約をキャンセルすることができます。
あまりに少ない手付金を提示してきた場合、契約キャンセルの恐れがあるので、手付金の増額を提示してみましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却における買取保証とは?メリットについてご紹介

購入申込書を受け取ったあとの注意点

ほとんどの場合、買主は住宅ローンを利用して不動産を購入します。
つまり、買主が住宅ローンの審査に通過しなければ、購入代金を支払うことができないということです。
ですから、購入希望者と購入条件の交渉に入る前に、買主が住宅ローンの「仮審査」を通過しているかどうかを確認しておきましょう。
事前審査を受けていない相手と契約しても、そのあとでローンの審査に通過せず、白紙解約になる可能性もあります。
もし購入希望者が事前審査を受けていなければ、審査を通過した後で、再度購入申込書を提出してもらいましょう。

▼この記事も読まれています
オーナーチェンジ物件の売却価格の調べ方や売却を成功させる方法を解説!

まとめ

購入申込書とは、不動産を購入する際に、買主から売主に提出する書類です。
購入申込書には、買主が購入を希望する不動産に対する購入希望額、手付金の額などが記載されています。
売買条件の交渉に入る前に、買主が住宅ローンの事前審査に通過しているかどうか確認しましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|小上がり和室のある中古マンションの魅力とは?メリット・デメリットを解説!   記事一覧   不動産売却時に必要な査定書とは?種類や内容の見方について解説|次へ ≫

トップへ戻る