赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 中古マンションで居住中の部屋購入したい!内覧のポイントについて解説

中古マンションで居住中の部屋購入したい!内覧のポイントについて解説

カテゴリ:購入

中古マンションで居住中の部屋購入したい!内覧のポイントについて解説

中古マンションの購入を検討しており、気になる物件を内覧しようと予定を立てている方もいるでしょう。
その際、まだ住んでいる方がいる部屋を見学するケースもあるかも知れず、どんな風に室内を見せてもらえば良いのか把握しておくとスムーズに進められます。
ここでは中古マンションの内覧について、居住中の部屋を見せてもらう際のポイントや事前準備、注意点を解説します。

中古マンション購入前に居住中の部屋を内覧する際のポイント

中古マンションを選ぶための内覧で居住者がまだいる場合、住人に遠慮してざっくり見て回るのではなく、隅々まできちんとチェックするのが大切です。
ただし、その場合のポイントとして住人への配慮を忘れずに室内を見せてもらうようにし、室内の物を勝手に動かしたり、断りなくクローゼットの中を見たりするのは避けましょう。
また、家主と顔を合わせる機会を活かして、住み心地や周囲の環境など気になる点を質問し、居住者と積極的にコミュニケーションを取るのもポイントです。
その際のポイントとして、質問内容など内覧時に家主に聞く内容をまとめてメモしていくとスムーズに進められます。

▼この記事も読まれています
ZEH住宅とは?購入するメリット・デメリットや補助金制度をご紹介

中古マンション購入において居住中の部屋を内覧する際の事前準備

居住中の中古マンションの内覧を控えている場合、滞りなく進めていけるようあらかじめ事前準備をしておくのが大切です。
まず、内見する前の準備として居住者に質問したい点や確認したい点を前もってリストアップしていくようにします。
居住中の中古マンション内覧の際の事前準備として、当日あると便利な持ち物の確認もしておきましょう。
部屋の図面、メジャー、スマートフォンやカメラ、筆記用具、懐中電灯、ビー玉などがあると、気になる部分の写真撮影や家具を置くスペースの確認、部屋の傾きチェックなどに役立ちます。

▼この記事も読まれています
土地だけを購入するときでも使えるローンの解説

居住中の中古マンションを内覧する際の注意点

内覧する中古マンションが居住中の場合の注意点1つ目は、予定をキャンセルする場合は早めに連絡する点で、当日キャンセルにならないよう気を付けましょう。
2つ目の注意点は人の家を訪ねる際のマナーを守る点で、挨拶はもちろん、質問する際の言葉遣いにも気を配るようにします。
また、室内の写真を撮りたいときやクローゼットなどプライベートな場所を見たいときには許可を取るのも忘れずに。
3つ目の注意点は売主に直接値引き交渉をしない点で、値引きについてはあとであらためて不動産会社の担当者に相談しましょう。

▼この記事も読まれています
建売住宅の諸費用はどのくらい?内訳や節約方法を解説

まとめ

居住中の中古マンションを内覧する際には、住人に遠慮せずきちんと室内を見るとともに、住人への配慮も忘れないようにするのが大切です。
事前準備をしっかりおこない、当日スムーズに進められるようにしましょう。
また、当日キャンセルは避ける、家を訪ねる際のマナーを守るなど、覚えておきたい注意点もあります。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|囲繞地を売却するポイントとは?売却しにくいと言われる理由も解説   記事一覧   建売住宅とローコスト住宅の違いとは?メリット・デメリットを解説|次へ ≫

トップへ戻る