赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 建売住宅の間取りで確認したいポイントは?配置の変更についても解説

建売住宅の間取りで確認したいポイントは?配置の変更についても解説

カテゴリ:購入

建売住宅の間取りで確認したいポイントは?配置の変更についても解説

住宅の購入を検討している場合、部屋の数や配置はどのようなタイプが暮らしやすいのか気になっている方は多いでしょう。
部屋数や配置を選ぶ際には、今現在の暮らし方だけでなく将来的な暮らし方も考慮しておくのがおすすめです。
この記事では建売住宅の人気の間取りや内見で確認したいポイント、部屋数や配置の変更は可能なのかについて解説しますので、住まい選びの参考にしてください。

建売住宅で人気の間取りとはどのようなタイプ?

近年建売住宅で人気がある間取りは、一体型のLDK、パントリー完備、対面式キッチンなどです。
LDKに仕切りを設けず一体型になっている間取りは、家族が常に関われる環境でコミュニケーションを取りやすい点が人気です。
パントリーとは食品専用の収納庫を指し、缶詰やパスタ類、乾物など常温で保存できる食品をストックしておけるよう、キッチンの近くに設置されています。
通販でのまとめ買いや災害用の食品ストックをする家庭が増えており、パントリーの需要が高まっています。
また、対面式キッチンは、壁に向かって設置されたタイプや独立したタイプよりも、子どもの様子を見ながら調理できるため人気です。

▼この記事も読まれています
ZEH住宅とは?購入するメリット・デメリットや補助金制度をご紹介

建売住宅の内見時に確認したい間取りのポイント

建売住宅の内見で間取りを確認するポイント1つ目は生活動線や家事動線についてで、効率よく動ける部屋の配置になっているか、実際に生活する様子をイメージするのが大切です。
また、収納スペースの数や大きさが間取り確認する際のポイント2つ目で、家族みんなの所有物を片付けておくのに十分な収納が設置されているかチェックしましょう。
内見で間取りを確認する際のポイント3つ目は窓の位置で、風とおしの良さを重視する場合は窓が向かい合わせになる位置に設置されているかチェックします。
さらに、壁面に置く家具が多い場合、家具を置きたい場所に窓がないかも忘れずに確認してください。

▼この記事も読まれています
土地だけを購入するときでも使えるローンの解説

建売住宅の間取りは変更可能なのか解説

建売住宅は基本的に建売住宅の間取り変更はできませんが、建築前のタイミングだったら対応できる場合もあります。
建売住宅が注文住宅よりも価格が安いのは設計プランが決められているためで、もし変更する場合は価格がアップするのが一般的です。
また、部屋の仕切りや壁は家を支える役割を担っている部分もあり、そのような場所を含む配置の変更はできません。
自治体の条例や建築基準法、消防法に反している場合は、建築前のタイミングでも間取り変更は難しいと覚えておきましょう。

▼この記事も読まれています
建売住宅の諸費用はどのくらい?内訳や節約方法を解説

まとめ

建売住宅で人気なのは、一体型のLDK、パントリー完備、対面式キッチンです。
内見の際には、効率の良い動線になっているか、収納スペースは十分か、窓の位置は適切か確認しましょう。
間取りの変更は基本的にできませんが、建築までであれば可能な場合もあります。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|実家の近くで一人暮らしすると後悔する?メリットとデメリットをご紹介   記事一覧   賃貸管理には入居者管理アプリが便利!押さえたい基本やメリットなどを解説|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る