赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 手取り10万円でも一人暮らしは可能?家賃目安や生活費の内訳を解説

手取り10万円でも一人暮らしは可能?家賃目安や生活費の内訳を解説

カテゴリ:お部屋探し

手取り10万円でも一人暮らしは可能?家賃目安や生活費の内訳を解説

手取りが10万円だった場合、一人暮らしは可能なのか疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これから一人暮らしをする方にとっては家賃の目安や、生活費の内訳は気になるところでしょう。
そこで今回は、手取りが10万円の方の平均年収や家賃目安、生活費の内訳について解説します。

手取り10万円の方の平均年収はどのくらいか

手取りが10万円の場合だと、月収は13万円ほどあることが一般的です。
この13万円から厚生年金保険料や健康保険料、雇用保険料・取得税などを差し引かれた後の金額が10万円ということになります。
また、手取り10万円は年収に単純換算すると156万円前後になりますが、ボーナスの有無によって変動することを覚えておきましょう。
ボーナスの支給額の目安が、大企業が月給の2.4か月分、中小企業が月給の1か月分と言われています。
このことから、手取り10万円の場合だと年収は150~200万円程になると考えておきましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の防音対策はどうする?自分でもできる方法をご紹介

手取り10万円で一人暮らしをする際の家賃目安

不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、手取り10万円であっても、基本的には賃貸物件の契約は可能です。
その場合、家賃の目安は2万円から3万円が相場となっています。
しかし、駅近や主要地域で部屋を借りたいという方はさらに家賃がかかるということを把握しておきましょう。
交際費や急な出費などを考えると、高くとも3万円から4万円に抑えることをおすすめします。

▼この記事も読まれています
快適な生活は窓の工夫から!賃貸物件の窓で発生する問題と対策について解説

手取り10万円で一人暮らしをする際の生活費の内訳

手取り10万円の場合の食費は2万8000円前後を目安にしたほうが良いでしょう。
1日あたりに換算すると約930円となるので、自炊をして食費をできるだけ抑えることを意識しましょう。
また、水道光熱費は8000円前後抑え、通信費も同様8000円前後に抑えるようにしたいところです。
交通費も8000円前後で押さえる必要があり、会社から支給された交通費から定期を発行することで、負担を大幅に削減できます。
さらに雑費などは3000円前後に抑え、日用品や消耗品はまとめ買いすることで節約することができるでしょう。
交際費や娯楽費は4000円前後になり、もう少し趣味に使える金額を増やしたい場合は、そのほかの部分を節約する必要がでてきます。
基本的に手取り10万円の場合は、節約がメインになるのであまり自由ではないでしょう。

▼この記事も読まれています
風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!

まとめ

手取りが10万円の場合、月収が13万円程で年収はおおよそ169万円前後になりますが、ボーナスの有無によっても変わります。
基本的には手取りが10万円でも賃貸物件を契約することは可能ですが、家賃目安としては2万円から3万円程になるでしょう。
日々の生活は、節約がメインになるため、余裕のある生活は送れないと思ったほうがよいでしょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|3階建ては売却しにくい?その理由や売却するときのポイントについて解説   記事一覧   一般団信とは?一般団信の内容や加入する際の注意点・特約について解説!|次へ ≫

トップへ戻る