赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしの男子大学生に適切な間取りとは?部屋条件や必要なものをご紹介

一人暮らしの男子大学生に適切な間取りとは?部屋条件や必要なものをご紹介

カテゴリ:お部屋探し

一人暮らしの男子大学生に適切な間取りとは?部屋条件や必要なものをご紹介

一人暮らしを始めるとき、どんなことに注意して部屋を選んだら良いか、準備すべきものは何か迷う方も多いのではないでしょうか。
この記事では、男子大学生の一人暮らしにおすすめな間取りや条件、生活に最低限必要なものをご紹介しています。
一人暮らし用の部屋を探している男子学生の方はぜひ参考にしてください。

男子大学生の一人暮らしは「ワンルーム」の間取り

男子大学生の一人暮らしには、1R(ワンルーム)や1K(ワンケー)がおすすめです。
もっとも一般的な一人暮らしの間取りは、6〜8畳にミニキッチンとバス・トイレが付いていて、室内に仕切りがないワンルームです。
家族など複数人で暮らす場合と異なり、一人で暮らすため複数の部屋は必要ありません。
とくに大学の授業やアルバイトで、部屋の滞在時間が短い方は、比較的家賃の安いワンルームが良いでしょう。
金銭的に余裕がある場合や、部屋での滞在時間が長くこだわりたい方は、1DKや1LDKなども良いですが、広ければその分家賃は高くなるため注意が必要です。

▼この記事も読まれています
自主管理の大家さん必見!賃貸借契約書は自分で作れるの?

男子大学生の一人暮らしで重要な3つの部屋条件

1つ目の条件は、通学しやすい立地です。
大学に近ければ、通学時間を短縮できるほか、交通費の節約にもなるでしょう。
ただしスーパーマーケットや商業施設がない場所を選んでしまうと生活に不便なため、大学への通いやすさだけでなく、周辺環境をよく確認する必要があります。
2つ目の条件は、防犯設備の充実です。
女子大学生に比べると優先度は低くなりがちですが、男子大学生でもトラブルに巻き込まれる可能性は十分にあります。
防犯カメラやオートロックなど、防犯設備が整っている部屋を選ぶと安心です。
3つ目の条件は、掃除のしやすさです。
掃除が苦手でも清潔に保つことができるよう、収納スペースが多く、掃除しやすいフローリングの部屋を選ぶことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
快適な生活は窓の工夫から!賃貸物件の窓で発生する問題と対策について解説

男子大学生の一人暮らしの部屋に最低限必要なもの3つ

男子大学生の一人暮らしに必要なもの、1つ目は家電です。
最低限冷蔵庫と洗濯機、電子レンジは自炊をしない場合であっても揃えておくと便利です。
部屋によっては、エアコンも自分で用意する必要があるため、よく確認しましょう。
2つ目に必要なものは寝具です。
健康的な生活を送るために、ベッドもしくは布団は必須です。
ベッドの場合はベッドが入るスペース、布団の場合は布団を収納できるスペースがあるかをよく確認して選びましょう。
3つ目に必要なものは収納家具です。
大型のタンスや棚は必要なくとも、衣服や日用品、キッチン用具などを収納できるケースやラックなどがあると便利で、掃除もしやすくなります。

▼この記事も読まれています
風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!

まとめ

男子大学生の一人暮らしには、家賃が比較的安い、ミニキッチンとバス・トイレが付いたワンルームの間取りがおすすめです。
充実した大学生活が送れるよう、立地や防犯設備をよく確認して部屋を選び、必要最低限の家電や家具を準備しましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事お任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|土地を相続予定の方!名義変更が必要なケースや変更の流れをご紹介   記事一覧   駅徒歩20分の賃貸は住みやすい?メリットや自転車利用のポイントをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る