赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの返済額と総返済額を減額するには?売却方法も併せて解説

住宅ローンの返済額と総返済額を減額するには?売却方法も併せて解説

住宅ローンの返済額と総返済額を減額するには?売却方法も併せて解説

不動産を購入するためにローンを組んだものの、返済が困難になって悩む方は多いです。
基本的には契約通りに返済を進めなければなりませんが、金融機関に相談すると柔軟に対応してもらえる可能性があります。
本記事では、住宅ローンの返済額と総返済額を減額する方法や、返済できないときに売却する必要がある点について解説します。

住宅ローンの返済額を減額する方法

住宅ローンの返済が厳しくなった場合、まずは一時的に毎月の返済額を減額できるか金融機関に相談しましょう。
「金融機関は厳しいから、返済が遅れるとペナルティになるのでは?」と不安視する方もいますが、基本的には猶予手続きが利用可能です。
コロナや経済不況によりローンの返済が厳しい方が増えているため、金融機関側は返済条件の変更・ボーナス返済など柔軟に対応するケースが増えています。
黙って未納・滞納すると金融機関からの信用度が落ちて、追加の利子が発生したりブラックリストに入ったりするリスクが伴うため、放置せずに相談してください。

住宅ローンの総返済額を減額する方法

「一時的に対処するのではなく総返済額を減らさなくてはローンの問題が解決しない」と悩む方が多いですが、原則として金融機関の猶予措置では契約した金額の減額はできません。
金融機関が用意している猶予措置は短期的な負担軽減を目的としているため、支払い金額そのものを減らしたいのであれば、繰上げ返済もしくは借り換えを検討しましょう。
一時的にまとまった返済額を用意して予定よりも早く完済できるのであれば金利分の支払いを抑えられるため、最終的な支払額を安く抑えられます。
また0.1%でも金利の低い金融機関に借り換えをすれば数十万~百万円ほどの節約になる可能性があります。

返済が難しい場合は自宅の売却が必要

住宅ローンの返済が厳しいのであれば、担保にしている不動産を売却し、元本・滞納分の返済をしなければなりません。
売却した金額が残債を上回る場合はアンダーローンになるため、売った後に追加の返済義務はなくなり、資産が残ったのであれば新生活のための資金調達もできます。
売却した金額が残債を下回る場合はオーバーローンになるため、売っても返済義務が残り続けてしまいます。
経済的な理由でローン返済が厳しいのであれば、オーバーローンでも対応してもらえる任意売却の利用を検討しましょう。

まとめ

住宅ローンの返済が厳しくなった場合は、金融機関に相談すると猶予措置として返済額を一時的に減額してもらえます。
金融機関に相談したとしても、支払額そのものを減らすのは不可能とされていますが、一括払いやローンの借り換えをすることで結果的に安くなる可能性があります。
猶予措置・一括払い・ローンの借り換えをしても返済が不可能であれば、最終手段として売却を検討しましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|お風呂を自分好みにリフォーム!おしゃれな空間にする方法を解説   記事一覧   中古マンション購入の流れとは?探す段階とリフォームと住宅ローンを解説|次へ ≫

トップへ戻る