赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 後悔しないためのコツは?土地を購入する際の失敗例についてご紹介

後悔しないためのコツは?土地を購入する際の失敗例についてご紹介

カテゴリ:購入

後悔しないためのコツは?土地を購入する際の失敗例についてご紹介

住宅を購入する際はどうしても間取りや設備などの建物に目が行きがちですが、実は土地探しも非常に重要です。
とはいえ、どのように探したらいいかわからない方もいらっしゃり、実際に土地探しで失敗してしまったなどの例もあるぐらいです。
そこで今回は、土地を探している方向けに土地の購入時の失敗例をもとに、注意点や探し方をご紹介します。

土地購入の失敗例をご紹介

土地を買って失敗したと後悔するパターンで多いのが、「思いどおりの家が建てられなかった」というものです。
物件自体は問題ない場合でも、住宅を建設する段階になった際に不都合が生じるわけです。
また、地盤が弱く、耐震性に問題が生じることも考えられます。
建物そのものはよくても、住環境に適さなかったという事例もしばしば聞かれます。
具体的には「最寄り駅が遠い」「周囲にスーパーマーケットなどのお店がない」「工場が近くでうるさかった」などです。
このようなことは、売買契約を交わす前に一度実際に現場に足を運んでみると後悔することは少ないでしょう。

▼この記事も読まれています
ZEH住宅とは?購入するメリット・デメリットや補助金制度をご紹介

物件を購入するにあたっての注意点をご紹介

物件購入するにあたって、注意してほしいのは本体価格以外にもさまざまな費用がかかる点です。
諸費用のことを全く想定していなくて、予算オーバーしてしまったというケースは少なくありません。
物件を買うにあたって、本体費用のほかに仲介手数料や登記に関する費用、開発や変更に関する申請費用が必要です。
もしローンを組んで買い求める場合には、抵当権設定費用も発生します。
ただしすべての物件に対して、以上でご紹介したすべての費用が発生するわけではありません。
本体価格が低い場合でも、諸費用がかかって実はお得ではなかったケースも見られます。
見積もりを取るときに諸費用に関してもきちんと確認することが大切です。

▼この記事も読まれています
土地だけを購入するときでも使えるローンの解説

後悔しない土地探しのポイントについてご紹介

まず、後悔しないために必要なのが、先述したように好ましい物件が見つかったら、下見をするということです。
日中と夜間・平日と週末では様子が異なるため、下見は2?3回、時間帯や曜日を変えてチェックすることが重要です。
また、土地探しをするにあたって、ご自身の要望を書き出してみましょう。
そして何を優先すべきかなどの優先順位を最初から明確にしておくことで、後悔するケースを避けるポイントとなります。
とくに面積や最寄り駅までの距離、地盤の強度などはきちんとチェックしておきましょう。

▼この記事も読まれています
建売住宅の諸費用はどのくらい?内訳や節約方法を解説

まとめ

土地を購入する際によくある後悔した失敗例が、思い通りの家を建てることができなかったという点です。
具体的には、実際に住んでみたら、周りの環境は自分のライフスタイルに合わなかったという点や、地盤が弱かったなどが挙げられます。
このような後悔を減らすために、売買契約を結ぶ前に下見に訪れることはもちろんですが、少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ(株)相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件の「家賃債務保証」とは?メリットやサブリースとの違いを解説   記事一覧   定年後に住宅ローンが支払えないとどうなる?その対処法を解説!|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る