赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 一戸建てのバリアフリーリノベーションにかかる費用はいくら?注意点も解説

一戸建てのバリアフリーリノベーションにかかる費用はいくら?注意点も解説

カテゴリ:リフォーム・リノベーション工事

一戸建てのバリアフリーリノベーションにかかる費用はいくら?注意点も解説

ライフステージの変化に伴い、一戸建てのバリアフリーリノベーションを検討する方も少なくないです。
しかし、どんな工事が必要なのか、どれくらいの費用がかかるのか、どんな点に注意すべきなのか、わからない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、一戸建てのバリアフリーリノベーションの代表的な工事内容や、費用相場、注意点について解説します。

バリアフリーリノベーションの工事内容とは?

一戸建てのバリアフリーリノベーションは、高齢者や体が不自由な方が快適に住むための工事で、手すりや段差の解消、ホームエレベーターの設置が主な要素です。
手すりは転倒や滑りの防止に寄与し、高さや形状は利用者に合わせて選べます。
段差の解消では、スロープや床面の調整があり、車いすや歩行器の移動がスムーズになります。
ホームエレベーターは階段の昇り降りを楽にし、屋内外に設置可能でデザインやサイズも豊富です。

▼この記事も読まれています
所有物件の共用部の掃除は必要?頻度や委託清掃についても解説!

バリアフリーリノベーションにかかる費用相場

バリアフリーリノベーションにかかる費用相場について、浴室、トイレ、玄関に注目して解説します。
まず、浴室に手すりを設置する場合の費用相場は、2万円~3万円程度で、床材を変更する場合は、10万円〜20万円程度かかるでしょう。
次に、トイレの引き戸へを変更する場合の費用相場は、5万円〜15万円程度で、スペースを拡張する場合は15万円〜30万円程度かかります。
最後に、玄関の段差を解消する場合は5,000円〜2万円程度かかり、スロープを設置する場合は15万円〜20万円程度かかります。
なお、これはあくまでも目安のため、事前に業者へ見積もり書を作成してもらい、バリアフリーリノベーションを検討するのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の退去時にはベランダ掃除が必要?業者への依頼費用も解説!

バリアフリーリノベーションの注意点とは?

一戸建てのバリアフリーリノベーションを考える際には、使いやすさだけでなく将来の必要性や自立性も考慮が必要です。
たとえば、余分にスロープをつけてしまうと、費用がかさみ、必要性もなくなるため、慎重に検討することが大切です。
また、あまりにも高機能な設備を設置するのではなく、自力で生活できる喜びを感じられるようなバリアフリーを心掛けると良いでしょう。
そして、すべての部屋をバリアフリーにする必要はなく、必要な箇所を選んで工期とコストを抑えるのがおすすめです。
バリアフリーリノベーションで高齢者などの安全な生活が実現できますが、このように計画時に注意すべき点があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件のエアコン交換はできる?故障と判断する前に確認すべきこと!

まとめ

一戸建てのバリアフリーリノベーションとは、高齢者や身体が不自由な方が住みやすくするために、段差や手すりなどの設備を改善することです。
費用相場は、工事内容や範囲によって異なりますが、浴室に手すりを設置する場合は2万円~3万円程度です。
そして、使いやすさだけでなく将来の必要性や自立性も考慮することが大切で、必要な箇所を選んで工期とコストを抑えると良いでしょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事にお任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|不動産売却で健康保険料はいくら上がる?抑える方法を解説!   記事一覧   ガレージハウスとはなにか?賃貸で住むメリット・デメリットや注意点|次へ ≫

トップへ戻る