赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > DIY型賃貸で物件を貸し出したい!メリット・デメリットや注意点を解説

DIY型賃貸で物件を貸し出したい!メリット・デメリットや注意点を解説

カテゴリ:空室対策

DIY型賃貸で物件を貸し出したい!メリット・デメリットや注意点を解説

近年、自分好みの部屋にアレンジするDIY型の賃貸物件が注目を集めています。
賃貸物件を管理する方のなかにも、DIY型賃貸の経営に関心のある方がいるのではないでしょうか。
そこで今回は、DIY型賃貸の詳細やメリット・デメリット、注意点について解説します。

DIY型賃貸とは?一般的な賃貸物件との違い

そもそもDIYは「自分でやる」の意味をもつ「Do It Yourself」の略語です。
DIY型賃貸とは、借主(入居者)がDIYによって改修できる賃貸物件や賃貸借契約で、業者に依頼しておこなう工事も該当します。
なお、費用負担が貸主か借主かは関係なく、借主の意思決定で改修が可能な点も大きな特徴です。
一方、DIY型賃貸でない場合の賃貸借契約(一般)は、基本的に物件を貸し出す前に貸主の負担で補修などの工事をおこないます。

▼この記事も読まれています
自主管理の大家さん必見!賃貸借契約書は自分で作れるの?

DIY型賃貸のメリット・デメリットとは?

DIY型賃貸で物件を貸し出す1つ目のメリットは、空室対策になる点です。
一般的にDIY型賃貸として貸し出している物件は多くないため、DIY型賃貸であることが他の物件との差別化に繋がります。
また、借主は手間をかけて自分好みにDIYするため、長く住み続けてくれる可能性も高いです。
2つ目のメリットは、貸主が入居前に修繕をおこなう負担が少ない点です。
多少古い設備があっても、それらを借主がリフォームする前提で貸し出せるケースもあります。
一方、デメリットとして挙げられるのは、手続きの煩雑さです。
貸し出した後のトラブルを防ぐため、借主がリフォームできる範囲や費用負担、所有権の帰属など賃貸借契約時に明確にしておく必要があります。

▼この記事も読まれています
快適な生活は窓の工夫から!賃貸物件の窓で発生する問題と対策について解説

DIY型賃貸の注意点とは?

DIY型賃貸の注意点は、国土交通省が公表しているガイドラインや契約書例が参考になります。
そのなかで特に注意したい点が、一般の賃貸借契約にはない追加書類が必要となることです。
追加書類は申請書兼承諾書と合意書の2点で、DIYで工事可能な範囲や所有権など取り決め事項を明確にするための書類です。
貸し出し後のトラブルを防ぐため、貸主と借主がしっかりと認識を合わせた上で契約を進めましょう。

▼この記事も読まれています
風水における観葉植物の効果とは?良い置き場所やおすすめの植物もご紹介!

まとめ

DIY型賃貸は借主が自分好みに部屋を改修できる比較的珍しい賃貸物件で、貸主にも空室対策などメリットがあります。
一方、貸し出し後にトラブルが発生するリスクもあるため、契約時には工事の内容や範囲など取り決めをしっかりとおこないましょう。
赤羽の不動産なら45年以上の実績をもつ株式会社相栄商事お任せください。
お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|古家付き土地とは?売却するメリットと注意点をご紹介   記事一覧   ビルイン店舗とは?出店するメリットやデメリット・入居の注意点を解説!|次へ ≫

トップへ戻る