赤羽&北区の不動産|株式会社相栄商事 > 株式会社相栄商事のスタッフブログ記事一覧 > 空き家の活用方法!レンタルスペースとは?注意点などをご紹介

空き家の活用方法!レンタルスペースとは?注意点などをご紹介

カテゴリ:資産活用

空き家の活用方法!レンタルスペースとは?注意点などをご紹介

空き家が増えていると問題になっていますが、新しい空き家の活用方法が注目されています。
それが「レンタルスペース」として貸し出す方法です。
空き家を放置していると、さまざまな問題が発生しますが、レンタルスペースにしてしまえばメリットもたくさんあるでしょう。
今回は、空き家をレンタルスペースにするメリットや注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

レンタルスペースとはどんな場所?

レンタルスペースとは、空きスペースを貸し出すサービスのことです。
空き家だけでなく、さまざまな場所がレンタルスペースとして活用されています。
基本的には「時間貸し」というかたちで貸し出されており、1時間で1,000円などの時間単位になっていることが多いでしょう。
レンタルスペースで何をするかは借主によって異なりますが、新しいかたちの「場所提供」というサービスで有効活用されています。

空き家をレンタルスペースとして活用する方法

近年大きな問題となっている空き家問題ですが、レンタルスペースとして活用することが解決策の1つとなりうると考えられます。
空きスペースがあるならば、そのまま放置せず必要な人へ貸し出すことで、有効活用ができるでしょう。
たとえば、短期間でギャラリーを開催することも可能です。
同時に椅子や机のレンタルもおこなえば、借主にとって手間を省ける最高のスペースになります。
そのほかにも、ハウススタジオ、ワークショップ開催場所としての活用方法もあります。
借主も自由に好きなかたちでサービスを提供することができるので、多くのメリットを得られます。

空き家をレンタルスペースにするときの注意点

レンタルスペースとして空き家を活用するには、まずSNSなどで集客をする必要があります。
また、セキュリティの確保も重要なポイントとなります。
たとえば、鍵の受け渡しをキーボックスやポストでおこなうと、リスクを伴うことになるので、おすすめできません。
電気錠やスマートロックなどを設置するのが良いでしょう。
そして、清掃に関する注意点ですが、利用者ができる片付けや清掃は限度がありますので、自分でも定期的に清掃をする必要があります。
気持ちよく利用してもらうためにも、清掃や整理整頓などをしっかりとおこなっていきましょう。

まとめ

レンタルスペースとは、空き家問題の解決策となる活用方法の1つです。
ギャラリー、ハウススタジオ、ワークショップなどを開催する人にとって、有効活用できる場所となります。
SNSなどで集客をし、空き家をレンタルスペースとして貸し出すことで、自身も利用者も満足のいく結果になるでしょう。
私たち(株)相栄商事は、赤羽エリアの不動産のお困りごとの解決をサポートしています。
お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産投資の利益の仕組み、インカムゲイン・キャピタルゲインとは?   記事一覧   マンションの修繕積立金の目的や値上げされる理由とは?|次へ ≫

トップへ戻る