赤羽の賃貸、不動産情報なら「相栄商事」へ!

赤羽、城北エリアの賃貸物件や売買物件をお探しのお客様、賃貸管理を任せたいオーナー様もご相談ください。

赤羽、城北エリアの賃貸ならお任せください。

相栄商事「赤羽の賃貸・売買物件情報サイト」

  • 0120-226-244
  • 9:45~18:00※日、祭日(10:15-18:00)/定休日:火曜日
TOP
>
>
>
赤羽賃貸経営ブログ(5)

赤羽賃貸経営ブログ(5)

適正家賃、良好な物件づくりで家賃下落を防ぐ法!

国土交通省が実施している住宅市場動向調査によれば、

民間賃貸住宅において「今回の住宅に決めた理由」の調査結果の上位には、

 

①家賃が適切だったから

②住宅の立地環境が良かったから

③住宅のデザイン・広さ・設備が良かったからという3つの項目が挙がっています。 

この結果は、調査の始まった平成22年から同様の理由が毎年上位に並んでいます。

つまり、この「適正家賃」「暮らしやすい立地環境」「良好な物件」の3つの条件が揃って初めてお部屋探しのお客様に選ばれることができるというわけです。2019年の繁忙期をみても同様な結果になっています。

 

ですが、この3つの条件をすべて揃えるのは、なかなか簡単なことではありません。

3つの条件を揃えられない場合は、残りの条件での対策が必要になってきます。

例えば、「暮らしやすい環境・立地が良かったから」という条件に注目してみて見ると、これは物件の立地ですから、既存物件にはどうにもならない部分と言えます。ですが、残りの「適正な家賃」「良好な物件(デザイン・設備)」については工夫次第で向上出来る部分です。この2つの条件で対策を立て、入居者から選ばれる物件へと変身させることが賃貸経営のポイントの一つです。