赤羽の賃貸、不動産情報なら「相栄商事」へ!

赤羽、城北エリアの賃貸物件や売買物件をお探しのお客様、賃貸管理を任せたいオーナー様もご相談ください。

赤羽、城北エリアの賃貸ならお任せください。

相栄商事「赤羽の賃貸・売買物件情報サイト」

  • 0120-226-244
  • 9:45~18:00※日、祭日(10:15-18:00)/定休日:火曜日
TOP
>
>
>
赤羽賃貸経営ブログ(3)

赤羽賃貸経営ブログ(3)

賃貸経営5つのリスクとは?

「数字」でリスクを見える化する。10年後の賃貸経営のために物件ごとのビジョン・目標・中期計画を立てる。

賃貸経営におけるリスクとは何でしょうか?諸説あるかとは思いますが、「空室」「家賃下落」「天災」「金利上昇」「大規模修繕」が5大リスクです。いずれも、キャッシュフローに大きく影響するものだからです。

 

これらのリスクヘッジに必要なのは、何よりも「数字」を把握することです。

空室や家賃下落のリスクヘッジとして有効なのは、前もって返済比率を抑えておくことです。

返済比率を抑えれば月々の返済額が減り、キャッシュフローが多くなります。金利上昇に関しても、基本的には返済比率を抑えることで対応できます。

また、有利な条件で固定金利を選択しておくことでも対応できます。火災や地震などの天災には、火災保険で対応するのが基本です。1棟RCマンションなど耐久性が高い物件に組み換えておくこともひとつの対策です。

 

最後は大規模修繕ですが、コストはかかりますが、いずれ必要になるものです。将来のシミュレーションの段階で、修繕費を多めに計上しておきましょう。

 

いずれにしても、今年を振り返り、前もって対策を練っておくことが一番のリスクヘッジにつながります。物件が常に満室を維持できることはありません。家賃下落を前提に経営します。管理会社と相談の上、来年、そして5年後、10年後の賃貸経営のために物件ごとにビジョン・目標・中期計画を立てることが、将来にわたってキャッシュフローを生んでくれる資産を増やす賃貸経営の第一歩です。

<賃貸経営の課題がみつかるキャッシュフロー表例>